パーストープは、将来の成長を確実なものとするために、Di-Pentaの生産能力の増加を発表。

, Coatings, Synthetic Lubricants
28 11月 2018

• 生産量を最大40%増加
• パーストープ工場の生産ラインの拡大
• Di-Penta市場は過去10年間にわたって安定した成長を続けており、今後も成長が期待されています。

パーストープは、ジペンタエリトリトール(Di-Penta)のパーストープ工場での生産能力を40%増加しました。これは、Di-Penta生産工場における効率性の改善とボトルネックの解消によるものです。 

Di-Pentaは、UV硬化塗料、合成潤滑油、ハイソリッドアルキド塗料、耐火性Charmor™塗料、鉛フリーのPVC安定剤など、幅広い用途で利用されています。Di-Pentaは、熱安定性、紫外線安定性、耐候性、耐化学薬品性、耐ひっかき性などの特性をもたらします。また、多くの環境に優しい用途における非常に重要な原料でもあります。
Di-Pentaの世界最大のメーカーとして、スペシャリティケミカルのリーディングカンパニーであるパーストープは、Di-Pentaならびにその性能に対する顧客の需要の高まりに、あらゆる面で対応するよう尽力しています。何年もの間、業界全体が市場でのDi-Penta不足に悩まされてきました。供給安定性確保のため、パーストープはDi-Pentaの生産能力の最大化に取り組み、それによって現在、キャパシティが増加し、十分に供給可能な製品となりました。

AC&D事業部プロダクトマネージャー、ケント・ハマチェックは次のように語っています。「私たちは、Di-Pentaに強い信頼を寄せており、当社のお客様や、お客様のお客様が、新たに革新的なソリューションを市場に投入していく中で、共に成長し続けていけるよう、全力を尽くす所存です。」
パーストープのDi-Pentaに対する顧客の需要に応えるための現在および今後の戦略には、補完的ソリューションのための用途開発に重点を置いた様々なイノベーションプロジェクトも含まれています。 

Di-Penta、もしくはパーストープのその他の樹脂についての詳細は、こちらをご覧ください。 

 

This website uses cookies to improve user experience. By using our website you consent to all cookies in accordance with our privacy policy.